スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐野ラーメン グルメライド

11 24, 2014
11月22日土曜日、三連休の最初の日。
佐野ラーメンを食べにいこうと思いついたので、日帰りで佐野まで行って来ました。

佐野ラーメンは栃木県佐野市周辺で食べられているご当地ラーメン。普段濃いのや辛いラーメンばかりなので、あっさりした昔ながらの中華そばを食べてみたくて。

佐野までのルート引いてみると意外に近い、片道75kmくらいです。
これなら途中で行田市の忍城(のぼうの城の舞台)にも寄れそう。

当日は少し寝坊して、8時すぎに自宅を出発。
まずは川越を目指します。
天気は晴れ。しばらく走ると汗をかくぐらい暖かい。数日前の寒さが嘘のよう。

一時間ほどで川越に到着、入間川を渡りさらに北上。広々とした田んぼと畑と工場が続きます。
そして荒川を渡ると行田市。

市内に入ると「忍城」と書かれた幟があちこちに見えます。忍城の標識を探しながら走ってると、だんだん幟も見えなくなり市街を抜けてしまった。

グーグルマップで確認すると、けっこう行き過ぎてしまっていて、今から戻るのもなんだかなあと思ったので帰りに寄ればいいやということにして先を急いだ。


場所わすれたけど村の神社の紅葉。

行田を過ぎ利根川を渡ると群馬県に入る。
景色はあまり変わらず、あいかわらず田んぼと畑と工場の中を走っていると館林。
ここまで来ると、佐野までは目と鼻の先。
時間もちょうどお昼。


お目当ての「麺屋ようすけ」に到着!
食べログで高評価だけあって、十人以上順番待ちが出来てます。
幸い回転は早くて、20分ほどで席に着けました。


頼んだのはチャーシュー麺とぎょうざ。
麺はコシコシ、スープはあっさり。
期待通りの味でとても美味しかった!


さて、せっかく佐野まで来ましたが。
佐野と言えば、そう、佐野厄除け大師!
毎年正月にCM流れるので名前だけは刷り込まれてます。


ここがあの佐野厄除け大師。
もっと壮大なお寺かと思ってたけど、意外にもこじんまりとした感じでびっくり。


佐野厄除け大師を出発して、帰り道がてら忍城へ。
秀吉の北条征伐で唯一落城しなかった城。
石田三成の水攻めにも耐えた。


城内の鐘つき櫓の紅葉。


近くの水城公園。釣りをする人、散歩する人で憩いの場所。


行田名物ゼリーフライというやつを食べてみた。
濾したじゃがいもを揚げた具のないコロッケという感じ。一つ70円。なかなか美味しいB級ご当地グルメ。


忍城でしばらく休憩して日が傾き始めたの帰路につく。
途中なんてことない土手が史跡「石田堤」だった。
忍城水攻めで石田三成が築いた堤防跡。

・・・・・・・・・・・・・・・

しばらくすると、ついに日が暮れて夜戦に突入。道は渋滞してるし面白くないのであとは省略。19時すぎに無事帰宅となりました。


走行時間:7:19'42
走行距離:168.47km
平均時速:22.9km/h

続きを読む »

スポンサーサイト

サイクルモード2014に行って来た

11 10, 2014
11月7・8・9日の三日間、幕張メッセで開催されていたサイクルモード2014の最終日に行って来ました。
電車を乗り継いで片道一時間半もかけて、お昼前に海浜幕張駅に到着。
東京西部から幕張まではほんと遠いです。


入ってすぐの会場が見渡せるところでお約束の写真。去年よりずいぶん人が多い気がします。


DE ROSAのチタンモデル。鈍く輝いてました。いつかはチタン乗りたい。


マルコパンターニ没後10年らしく、ウィリエールで実機展示。


小径車の展示も多かった。転がし用の補助タイヤ付きのやつ。


試乗してみた千葉のメーカーが作ってる小径車。折りたたんでかなり小さくなるし、走りもしっかりしててちょっとポタリング用に欲しいかも。


モバイルバッテリーの展示。
マウントに細長いバッテリー突っ込んで一体化でスッキリ。これ良い!


噂のヨネックスカーボンバイクもありました。
試乗に大行列だったので乗れなかった。


新しい輪行スタイル。
治具に車輪をつないでコロコロ転がせます。
これ面白いけど治具が嵩張りそう。


出展ブースはひと通り眺めて、最後に三船さんのブルベトークショーを聞いて帰りました。
疲れたけど充実した一日でした。

やっぱりレース系が多いんですが、来年にはもっと旅とかロングツーリングに注目したブースが増えればいいなあ。



レザーマン Juice S2を自転車工具に使う。

11 10, 2014
自転車用のマルチツールには、トピークとかLEZYNEとか色々なブランドが色々なサイズを出してますが、私はレザーマンのマルチツールを使ってます。

あまり自転車ショップに並ばないメーカーですが、アウトドア系では超メジャーブランド。このレザーマンの特長は、プライヤー(ラジオペンチ)が格納されている点です。

ツーリング先で(ブレーキ・シフト)ワイヤーを調整&交換する時にプライヤーがないととても不便。とはいえ、プライヤー単体で持つのもセンスが無いのでコレにしました。

レザーマンのラインナップで標準サイズのものはデカくてゴツイです。
本格的アウトドアから軍隊でも使われるとかコピーが並ぶと、男子的にはかなり惹かれるものがありますが、あくまで用途は自転車。
機能もオーバースペックで重さ分のメリットがない、自転車は軽さが正議。

その中「Juice」シリーズがほどよい大きさで一番オススメ。
女性を意識してるのか色もカラフルです。



私が選んだのは、Juice4姉妹うち「S2」。
ポップなオレンジ色のボディに、
・ニードルノーズ
・プライヤー
・直刃ナイフ
・ワイヤーカッター
・ハードワイヤーカッター
・マイナスドライバー(特小・小・中・大)
・プラスドライバー
・紐取り付けリング
・栓抜き
・缶切り
・ハサミ
が入っていて、必要十分であります。


ところが、このツールを自転車で使うと言いながら肝心の六角レンチは付いてないです。けどいいんです、六角レンチは別で持っていきます。

そもそも、自転車用のマルチツールをいくつか使ってきたけど、
どれも六角レンチが使いづらい!

狭い所に入らない、本体がデカくて回しづらい、力も入れづらいとストレスの固まりだったので、マルチツールに六角レンチはもういりません。



持ち歩いてる六角レンチセット。
こんなに小さくてもボールジョイント付き、色もカラフル。
一番大きいサイズはペダルも外せて、とても気に入ってます。


自転車の携帯工具選びは楽しいですね。
皆さんはどんな工具をサドルバッグに忍ばせてますか?

武蔵五日市、星竹林道と里山サイクリング

11 06, 2014
11月2日(日)、久しぶりにガーデン氏と自転車に乗る事になった。
あまり乗り込んでいないので軽めな場所をということなので、武蔵五日市周辺の里山をサイクリングしてきました。

今回のルート、雑誌「ニューサイクリング」でレポートが載っていて前から気になっていた場所です。

自宅近所で待ち合わせて武蔵五日市へ向け出発。
昼ごろに武蔵五日市へ到着し、戸倉のセブン-イレブンでお昼ごはんとお菓子を仕入れる。

セブン-イレブンを出るとすぐに右へ曲がる道があり、ここから初めてのルートです。
秋川に架かる橋を渡り、右岸沿いの小道を行く。
普段走っている道から川を挟んで数十メートルしか離れてないのに、ものすごく新鮮。


橋の上から。紅葉が大分進んでいる。


前日降った雨で路面は濡れてひんやり。


ほどなくして分岐を右折すると、金比羅山山頂へと向かう星竹林道の始まりです。序盤から林道らしい森の中を急勾配で一気に登らされます。
舗装はもちろんコンクリート造り。路面も良いとは言えません。
けど、舗装があるだけマシでしばらくすると舗装すら無くなります。


ぬかるんでる道、まだギリギリ走れるが。


さらに道は荒れ、ロードバイクではさすがに進めない。

押して歩いて完全にハイキング状態で数十分登ると、金比羅山のピークに到着。山頂へはさらに歩いて登ったところにあるようで、見晴らしが特に良いわけじゃないので反対側へ下ります。

さっきのハイキングコースから一転、綺麗な舗装が敷かれていて快適に下れると思ったら、途中から一部未舗装な道が出てきたりと不思議な道でした。それでも登ってきた道に比べたら断然良いですけど。

集落を抜け秋川街道(県道31号)にぶつかると、道を横断してまた細い小径へ入ってゆく。
ここは最初から舗装なんかされてなく、またもやハイキング状態で山道を押し歩き。


裏山程度の高さしかないので、すぐに峠を越え森が開けたら素晴らしい光景が広がっていました。





まさに理想的な里山!横沢入という地名だそうです。
こんな景色のなかで育ったことないけど郷愁を感じさせる風景です。

田んぼが見渡せる原っぱに腰を下ろし、コンビニで買ってきたパンを食べてまったり。
この瞬間のためにわざわざ持ってきたバーナーとコッヘルでお湯を沸かし、コーヒー豆を携帯ミルで挽いてコーヒーを淹れます。
里山の景色を眺めながらすするコーヒーは至福の時間でした。

一発でお気に入りスポットになりました。
車がビュンビュン走る大きな道路から少し入り込めば、こんな景色が広がるなんてまだ東京には素晴らしい場所があるもんだと思いました。

・・・

その後は、羽村から府中まで多摩川サイクリングロードを使って帰宅しました。
もっと軽くするつもりだったけど、なんだかんだで90km近く走ってしまいました。

走行時間:4:34'04
走行距離:86.00km
平均時速:18.8km/h

続きを読む »

BRM1018 西東京200 金太郎 完走

10 20, 2014
先週は久しぶりにブルベ走ってきました。
西東京主催の金太郎です。

町田のケルビム発着で雛鶴峠と足柄峠を超えるコースです。
このコースのほとんどの区間、初めて走る道なのでまさに俺得なブルベ。しかも西東京のブルベも初参加で、ワクワクです。
本当は3月だっけ?かに開催予定でしたが、大雪のせいで秋に延期になり、ついにその時が来たわけです。

町田まで片道25kmぐらいなので自走で行きます。夜明け前はもうかなり寒いです。
永山あたりで夜が明けて、受付開始ちょうどごろケルビムに到着。
受付でブルベカードもらい、スタート場所の淡嶋神社でブリーフィングを待ちます。

他の人の自転車見てると、ケルビム率が多いこと。クロモリ好きにはたまらんでした。



7時、車検も終わっていざスタート。
まずは相模原から雛鶴峠を目指します。


藤野あたりかな。
里山がいい感じ。


車も少なく景色も最高で癒されるけど、
アップダウンの連続でちょっとエグい。


なんとかかんとか新雛鶴トンネルに到着。
このままPC1まで下ります。

到着は9時41分。
PC1で補給したら河口湖へ向かいます。
富士吉田まで緩やかな登りで楽かと思ったら、まさかの苦戦。。
雛鶴の疲れが溜まったのか、踏めども踏めどもスピード出ない。ペースを大分落として河口湖の大石公園になんとか到着。
(あとで気づいたけど、新雛鶴トンネルでハブダイナモをオンにしたままでした。。)


11時19分到着。大石公園のモニュメントでクイズに答えないといけません。

河口湖をぐるっと回って、お次は山中湖方面へ。
富士吉田から山中湖への道は、交通量多いし地味に登りもあるわであんまり好きじゃない。
山中湖手前のローソンでお腹空いたのでナポリタン食べて昼食。


湖畔のメインストリートを一本外れた気持ちいい道。別荘地の間を抜けてゆく。
この道少し登るなと思ったら籠坂峠を通過してた。


籠坂峠からは御殿場の雄大な景色を眺めながら快適ダウンヒル。あいにく富士山は雲に覆われ見えなかった。


足柄駅まであと少し。


13時42分。駅前の個人商店「橋本屋」が3つめのチェックポイント。ついさっき食べたばかりだったのでバラ売りのみかんを2つ食べて足柄峠へ向かう。



峠の登り口は鬱蒼とした杉並木が続きます。
この道がまた最高。
勾配はキツすぎず登りやすい。


空が開けた。ピークまでもう少し。


14時30分。麓の駅から6kmほど登るとピークに到着。
峠はここから少し歩いた場所みたいなので、城址の碑で記念撮影。


憎たらしい感じの金太郎と熊。


14時52分。有人チェックの夕日の滝。
滝のバンガローまで登らないといけないけど勾配キツかった。
チェックではスタッフの方が焼いてくれてたバーベキューをいただき、少し休憩。
塩気の抜けた身体にフランクフルトが美味。
通過したのは半分よりは少し前くらいらしい。

山北町まで一気に下ったら、またアップダウンを繰り返しながら最後のPCがある平塚へ向かいます。残り50kmを切ってかなりヘタレてきてます。PC3には16時41分到着。


平塚を過ぎて厚木付近でとうとう日没。
夕暮れのなか富士山がついに見えました。

ここからは予想はしてたけど大渋滞に捕まり、平均速度ががくんと落ちた。
車の横をすり抜けては止まっての繰り返しでまったく面白くない。

18時26分、ついにゴールに到着!
けど受付まであと5km走らないといけない。


やっとケルビムまで戻ってきました。
認定時間は11時間26分でした。
受付で出してくれた豚汁がまた美味しかったです。


久しぶりに走ったブルベでとんでもなく疲れましたが、なんとか完走。。まだ全身だるい。
けどこれで今年のブルベも終わり。
さて来年はどこ走ろう。


メニュー
プロフィール

panamoly55

▽名前
panamoly55

▽所有バイク
・Panasonic FRC15(2012年製)
・Alex Moulton APB

パナソニックのクロモリ号で、奥多摩の峠を走ったり、関東近辺のブルベに参加してます。
モールトンは、近所のちょい乗りで使用。

↓よろしければポチリと
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

メールフォーム
panamoly55へのメールはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。