スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳沢峠

09 13, 2008 | Tag,柳沢峠,おいらん淵,丹波山村

天まで昇れそうな坂道

奥多摩湖を過ぎると山梨県

丹波山村付近

おいらん淵付近

山梨県丹波山村と甲州市の間にある峠道。
ここを登るにはかなりの脚力を必要とします、勝手に奥多摩のラスボス的な存在だと思ってます。
登りはキツイけれど、車はほとんど通りませんし、山懐に抱かれて登る最高のロケーションです。

夏のある日に登った時、
沢の水音、セミの声、自転車の軋む音、自分の呼吸
だけしか聞こえなくて、思わず鳥肌が立ってしまいました。

これぞヒルクライムの醍醐味じゃないでしょうか。

奥多摩駅から登る場合は、小河内ダムを経由し、奥多摩湖畔を進んでゆきます。
深山橋のところまで来たら、左折して橋を渡らないで真っ直ぐ進みます。

そのまま道なりに9キロほど進むと、山梨県丹波山村があります。
疲れた場合はここで休憩しておいたほうがいいでしょう。
丹波山村までは比較的坂は緩やかです。

丹波山村をすぎた先から本格的にヒルクライムが始まります。
距離は約15Km、平均斜度は5%を超えます。
頑張っていきましょう!

途中渓谷や湧水(奥多摩湖源流の湧水)を過ぎ去ると頂上です。
無事上りきった後は、峠の頂上に茶屋があるのでしっかり休憩と補給ができます。
その先は。。。自分の足に聞いてください。
塩山まで下りて、また登ってくる剛脚(マゾい?)の人もいるそうです(笑)

柳沢峠データ(奥多摩駅より)
距離:約40Km
高度差:約1100m
平均斜度:約2.8% ※1

※1
奥多摩湖半の平坦部分も入っているので数値は低いです。
問題は丹波山村からの登りです。

「柳沢峠」に関連する記事
・奥多摩湖源流の湧水
・シルビアの墓標

奥多摩湖源流の湧水

峠の頂上と茶屋

「峠」に関連する記事
・風張峠

続きを読む »

スポンサーサイト
Posted in
メニュー
プロフィール

panamoly55

▽名前
panamoly55

▽所有バイク
・Panasonic FRC15(2012年製)
・Alex Moulton APB

パナソニックのクロモリ号で、奥多摩の峠を走ったり、関東近辺のブルベに参加してます。
モールトンは、近所のちょい乗りで使用。

↓よろしければポチリと
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

メールフォーム
panamoly55へのメールはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。