スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国分寺ポタリング

09 21, 2014
9月21日(日)は、国分寺へのポタリング。
近所なので気の向くままにブラブラしてきました。

昼ごはんを食べてから自宅を出発。
9月も終わりかけなので、走り出すと確かな涼しさを感じます。
吹く風が日増しに秋っぽくなってきました。

府中街道を南に走ると津田塾大学があり、その傍を玉川上水が流れてます。
川沿いには遊歩道が通っていて、未舗装だけどよく踏み固められていてロードバイグでも走れる道です。


遊歩道にて。ちょっとパターソン的な雰囲気がいい。


遊歩道を抜けて、裏道をさまよっていると国分寺の駅に到着。
急な坂道を下り、史跡国分寺の方へ向かいます。



武蔵国分寺薬師堂の境内。
ひっそりと良い雰囲気だけど、蚊がわんさかいて数カ所刺されてしまった。



蚊の大群から逃げるように薬師堂を後にして、武蔵国分寺跡へ。
何も知らないとただの原っぱにしか見えないけど、奈良時代はここが関東地方の政治文化の中心でした。



国分寺といえば、「お鷹の道・真姿の池湧水群」。
名水百選にも選ばれた清涼な水が豊富に湧き出ている。
お鷹の道は観光客も多く、自転車は押して歩きます。


お鷹の道からまた国分寺まで戻って、家に帰りました。
3時間ほどのポタリングでしたが、これだけも充分満足できる国分寺でした。

続きを読む »

スポンサーサイト

羽村取水堰サイクリング

07 19, 2014
梅雨の合間の土曜日、
午後までは天気がギリギリ持ちそうだったので近所をポタリング。
玉川上水の入り口、羽村取水堰まで行って来ました。

玉川上水は、江戸時代に多摩川の水を江戸市中まで引き入れるため、羽村から遠く四谷まで玉川兄弟によって開削された上水道です。

7時過ぎに自宅を出発し、五日市街道を拝島方面へ向かいます。
まだ雨は降ってないけど、いつ降ってもおかしくないようなムワッとした湿度。

R16号の陸橋で拝島駅を超えるとすぐに多摩川。
多摩川サイクリングロードに入り、上流に向かい暫く走ると終点の羽村取水堰に到着します。


玉川兄弟の銅像


本来の上水としての役割はもう終わってますが、
多摩川から分岐した水は勢いよく流れて行きます。

今にも雨が振りそうですが、気持ちのいい場所なので少し休憩。
クッカーセットとガスストーブを取り出して、お湯を沸かしてコーヒーを飲みます。


30分ほど川の流れを見ながら、至福の一時。

ポツリと遂に雨が落ちてきたので、急いで荷物を畳んで帰宅の準備。
その後は青梅街道へ一旦出て、まっすぐ帰宅。

なんとか本降りになる前には無事家に着くことが出来ました。

続きを読む »

メニュー
プロフィール

panamoly55

▽名前
panamoly55

▽所有バイク
・Panasonic FRC15(2012年製)
・Alex Moulton APB

パナソニックのクロモリ号で、奥多摩の峠を走ったり、関東近辺のブルベに参加してます。
モールトンは、近所のちょい乗りで使用。

↓よろしければポチリと
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

メールフォーム
panamoly55へのメールはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。