スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秩父、豚丼野さか再び

12 09, 2013
久しぶりに、野さかの味噌豚丼が食べたくなって、土曜日に秩父まで一走りしてきました。
もう12月なのでいつ走り納めになってもいいようにと思いまして。

8時半に自宅を出発。
もう完全な冬装備じゃないと寒いです。
青梅から成木街道に入ると登りが入りますが、なーんか身体が重い。
ここ二週間は比較的真面目にローラー乗ってるはずなんですが、すでにキツイ。


途中、落ち葉が見事でした。

小沢峠をなんとか超えて、名栗に下ると少し調子が出てきました。
山伏峠の入り口までは快調に走りましたが、登りが始まるとまたペースダウン。
こりゃ体重が増えたのが原因だな。
昔は週3でローラー乗ったらもっと身体絞れてたはずなのに、年取るに従って肉が落ちなくなるのを最近実感してます。


カーボンロードに抜かされて峠に到着。

芦ヶ久保から秩父に下る途中で、サイコンが反応してないのに気づきました。
サイコンの電池が切れたと思ったら、マグネット側の発信機の電池切れのようでした。

西武秩父駅を過ぎた先にある、野さかには11時半オープンのすこし前に到着。
ここまでちょうど三時間ほど、身体が重いと感じた割にいつもと同じです。


オープン直後からすでに行列が。
受付に名前を書くと、すで七人待ち。


30分ほど待ってやっと到着。
今回はネギだくにしてみました。
いつもながら美味い!

豚丼食べて満足したらさっさと帰宅です(笑)
同じルートを往復して、自宅には16時到着。

なんだかんだで悪くないペースでした。
サイコン計測が途中で止まらなかったら前回と比較できたのに、悔やまれます。

そして秩父往復で峠を4回超えたので足はパンパンです。
スポンサーサイト

川瀬巴水展とモールトン再塗装見積もり

12 02, 2013
晩秋に入り週末が絶好のサイクリング日和な幹事ですが、先週末は社員旅行があったりであまり乗れてません。
バス旅行だったので、自転車積み込んで途中から単独行動しようかとわりと真面目に考えたり。

今週はどうしようかと思っていたら、大田区の郷土博物館で川瀬巴水の展覧会があるらしい。

川瀬巴水は、大正・昭和に活躍した浮世絵師です。写実的な風景画を伝統的な浮世絵技巧で刷った新版画を確立した人です。日本より海外での評価が高いそうです。
緻密な線と、雪とか夜を描いた作品が多く、以前ネットで作品を見てから気になってました。

これは行くしかない!ということで久しぶりにモールトンを引っ張り出してみました。

府中から多摩川サイクリングロードを走りるつもりで10時前に自宅を出ました。


多摩川サイクリングロードも久しぶり。
富士山がよく見えました。


人が多くて気を使うけどサイクリングロードはいいっすね。

二子玉川からはサイクリングロードが終わって多摩堤道路を進み、中原街道を左折してしばらく走ると郷土博物館に到着。


川瀬巴水展、なんと無料です!
一時間ほどかけて見て回りました。
いやーわざわざ来て良かった。
図録本も買ってしまった。


ここまでモールトンで来たのは理由がありまして、ここから遠くないところにこいつを買ったショップ「サイクランドKOOWHO」があるのです。

買ったのはもう13年も前の話です。
最近はあんまり乗ってないけど、昔はこれで浜松まで行ったりしました。

13年の間に、塗装も所々剥げてきてるし、そろそろ色を塗り替えて気分一新リニューアルしたいなあと思ってて、大田区にきたついでに費用の見積もりをしてみました。

塗装はカドワキの粉体塗装で考えてると伝え、概算見積もり出してもらったら12~15万くらいらしい。。
予想をかなりオーバー。
ロードに比べると細かいパーツ多いしなぁ、仕方ないのかも。
入門用ロードをあと一台買うと思えば、うーん。
貯金しよ。

KOOWHOで用事を済ましたら、環七から青梅街道でまっすぐ帰りました。
サイコンつけてないから距離は不明ですが、70kmくらいは走ったかな。
メニュー
プロフィール

panamoly55

▽名前
panamoly55

▽所有バイク
・Panasonic FRC15(2012年製)
・Alex Moulton APB

パナソニックのクロモリ号で、奥多摩の峠を走ったり、関東近辺のブルベに参加してます。
モールトンは、近所のちょい乗りで使用。

↓よろしければポチリと
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

メールフォーム
panamoly55へのメールはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。