スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秩父・神流町、ダムと桜巡りの旅

04 15, 2014
4月12日(土)は、秩父から神流川にかけてダムを巡るツーリングに出掛けました。

前夜軽く飲んだのですが、会話中心でお酒は控えていたので、6時の目覚ましでスッキリ起床。
朝食を食べ着替えをして準備を終わらせ、まだ布団の中にいる妻に声を掛けて7時に出発。

気温は20℃を少し下回る予報で快晴。
4月は日中暖かくても陽が落ちると急に寒くなるので、半袖ジャージと長袖ジャージの重ね着してゆきます。
下も冬用のロングタイツです。

新青梅街道は朝から交通量が多く、西へ向かう家族連れの車が目立ちます。
JR八高線の箱根ヶ崎駅付近から、都道44号線「岩蔵街道」でまずは成木を目指します。

岩蔵街道も決して車が少ないとは言えないですが、新青梅街道よりは断然良いです。笹仁田峠を超えたあたりから、東京都と思えないような田舎の風景になり気持ちのよい道です。


笹仁田峠。桜がまだ少し残っています。

成木五丁目交差点を右折し成木街道に入ると、小沢トンネルまで成木川沿いを数キロ登ります。
都心ではほぼ散ってしまった桜がかなり残っています。
斜度は5~6%程度で、無理しなければそんなに大変ではないですが、トンネル手前が8%超える勾配になります。

トンネルの途中で、東京都から埼玉県飯能市に変わります。
トンネルを超えると名栗までしばしダウンヒル。
時刻は9時間過ぎ、出発して約2時間。


成木街道途中の桜。


ダウンヒルが終わり、名栗からは県道53号で秩父に向かいます。途中、前半の山場「山伏峠」がそびえます。

陽は昇り、長袖ジャージだと汗ばむようになってきます。
全部脱ぐと面倒なので、ファスナーを目一杯下げ、前からの風を受け止めます。
前傾姿勢のまま首を突き出すと、背中の方へも風が入るのでとても心地良い。
心拍を上げないよう意識しながら、山伏峠の麓を目指します。

峠の麓には個人商店が一件あり、自転車乗りやハイカー達の拠点のようになっています。
いつものように自販機でジュース買うために立ち寄るとロードバイクに乗った集団が休憩をしているところでした
話を聞いていると、どうやら朝練が終わったところのようです。

同じロードバイク乗りでもレース志向とツーリング志向だと考え方がまるっきり違うと思う。
彼らは朝練が終わってこれから帰宅するらしいけど、私から言わせると折角の天気なのにもったいないという気持ち。
まだ一日は始まったばかり、あそこを走って、どこで昼ごはん食べてと考えられるのに、あーもったいない。


10分ほど休んで峠へ向けて出発。
民家の間を一直線に抜けて、材木所のカーブを過ぎると山の中。木々の間をさらに登ると斜面にへばりつくように数軒の民家が見えてきます。
あとは、数回カーブを曲がると峠のピーク。
もう何度も通った道でペースも乱すことなく峠を通過します。

あとは秩父市街まで一気に下りです。


10時25分、途中の芦ヶ久保で「道の駅あしがくぼ」に到着。
秩父はちょうど桜の見頃を迎えていて観光客で多い。


道の駅から秩父市街に入り、秩父神社を過ぎた先の交差点を右折し国道299号で小鹿野を目指します。
丘のような坂を2回登り下りし、小鹿野に到着したのは11時すぎ。向かい風とゆるく登っている道で少し疲労が溜まってくるのを感じます。

昼食は小鹿野の安田屋でわらじカツを食べようと思っていました。けれど有名店なので行列は必至、開店は11時なのでもう待たされるだろうと思い、今回は断念します。
しかたなく、299号線沿いのセブン-イレブンで弁当を買って昼食。


299号線を右折し県道37号線に入ると、土坂峠を超えて群馬県神流町に向かいます。
今回の目的のひとつ「合角ダム」が途中左折した先にあります。それと近くに平成の名水百選「毘沙門水」というものがあるので、おいしい水でコーヒー淹れて飲みたい。


11時59分、トンネル手前の民家の庭先の桜。


12時18分、桜の間からちょうど見えた合角ダム。
ダム下に広がる吉田元気村の花と包まれるような絵になる風景。


県道37号を30分ほど走り、合角ダムに到着しました。
わざわざダムに来た理由は、「ダムカード」収集です。
まだ、知る人ぞ知るレベルですが、日本全国のダム管理事務所でダムカードというトレーディングカードが貰えるのです。
実はダムカードのことを知ったのはつい最近で、今回初めて貰いに来ました。

ダム管理事務所の壁に自転車を立掛け、中の窓口に行くと無人で「しばらく外出」の札がありました。
すこしダムを見ながら戻ってくるの待つかと思っていると、MTBに乗った二人組がやってきて、手慣れた感じでインターフォンを押すと中から管理人が出てきます。
その二人もダムカード目当てでした。
私もちゃっかり後ろに並び、無事ダムカードゲット。



記念すべき一枚目のダムカード
意外としっかりした紙質。


せっかく来たのでダム写真


ここから毘沙門水まではダムからもう少し奥に行った集落にあります。湖畔の道をしばらく走ると毘沙門水まで1kmの看板があり迷うことなく到着。
水を汲み場のそばでコーヒー淹れようと思いますがちょうどいい場所がなく、湖畔に駐車場と東屋があったのでそこで休憩することにします。ボトルを満タンにして来た道をもどります。


平成の名水百選「毘沙門水」
整備が行き届いています。


13時14分、湖畔の東屋でコーヒーを淹れる。
満開の桜の下で休憩。最高のロケーション。


今度は合角ダムを過ぎて県道37号まで戻り、左折して土坂峠を目指します。
峠の道はキツイ箇所はあまりなく、淡々と登って行けます。
途中に咲く満開の山桜が見事で、自転車を降り撮影しながらゆっくり登ります。
1時間かからないで、ピークの土坂トンネルに到着。
本来の峠はトンネルの上にあるようで道標もなく、ただ道の延長のような感じです。
ここまでの道が素晴らしかっただけにちょっと残念な感じ。


満開の山桜。


14時16分、土坂トンネル到着。
峠はトンネルの上で、道標らしきものは無し。


トンネルで写真を撮っていると向かい側からミニベロに乗った男性が登ってきました。
お互い軽く挨拶して私は神流町へ、彼は小鹿野へ下ってゆきました。

事前に地図を調べていると、神流へ下る途中「土坂千本桜」という表記があり、それもこの道を選んだ目的のひとつです。
トンネルを出て大きなカーブを2回曲がったあたりなのですが、それらしいものは一切ありません。


何度か地図を確認しますが、地図の場所には杉林しかありません。


もう少し下ると数本だけ桜がありましたが、これで千本桜のわけもなく、しかも散り始めているし。
後日ネットを見ていると、私と同じ思いをした人は沢山いる様子。「土坂千本桜」とは一体なんだったのだろう。


気を取り直して坂を下り、国道462号線を右折して次の目的地「下久保ダム」を目指します。
神流川沿いにダムまでずっと下り基調かと思いきや、下りだったのは最初だけ巨大な神流湖畔の道はアップダウンが連続します。
おまけに風も強く、思わぬところで体力と時間を使わされました。


14時39分、神流川沿いの道。


15時21分、下久保ダム到着。

下り坂のトンネル手前に「下久保ダム⇒」の標識が見え、気になって脇道に入ったのは運が良かった。地図で確認するとトンネルを直進するとダム下まで一気に下るルートで、堤へはこの脇道を入るのが正解でした。

ここでもダムカードをもらうため管理事務所を探します、がそれらしい建物が近くに見当たらない。
案内地図があったので見ると、資料館的な建物がダムを見下ろす高台にある様子。多分そこだろうと目星を付けて向かいます。


二枚目のダムカード。


高台への坂道、ここでも満開の桜。


結構急な坂を登り、資料館に辿り着くと案の定管理事務所がありました。土日は守衛室で配布だそうです。
守衛室にはオジサンが一人いるのが遠くから分かります。
私が近づくのに気づくと窓口のガラスをサッと開け、「すいません、ダムカー…」と最後まで言い終わらないうちに、胸ポケットからカードを取り出し、スッと渡されました。
あまりの手際の良さに少し感動を覚える対応(笑)
多分わざわざ事務所まで来るのは、ダムカード目当ての人間しか居ないんでしょう。


傍にちょうどいい階段と自販機があったので、しばらく休憩。
アセロラジュースを飲んでいると一陣の風、花びらが舞い上がり桜吹雪です。素晴らしい光景にスマホのカメラで撮影を試みましたが、舞う花びらがうまく写らず断念します。
その代わり近くの展望台からダムの写真が撮れました。


桜越しの下久保ダム。


管理事務所の裏側からもダム下に降りれます。
斜面に民家がへばりついた集落の道は急勾配で慎重に下ります。


ここにも桜


かなり陽は傾き始めてきましたが、最後に寄りたかったのは下久保ダムの下に広がる「三波石峡」です。
脇道に入り、1kmほど走るとダムの真下に出られます。
巨大な緑色をした岩がゴロゴロ転がっています。
江戸時代から景勝地と知られた場所だそうです。


15時58分、三波石峡と下久保ダム。
夕方のため完全な逆光。


今回の目的はすべて回ったので帰路につきます。
寄り道が多かったため、時間の割に距離は伸びていません。
体力的には家まで自走でもいけますが、この先は市街地しか通りませんし日も暮れるので気持よくない。
先日届いたばかりの輪行袋ポケットインを試してみたいこともあり、輪行することに決めました。


JR八高線の児玉駅には、16時30分ごろ到着。
児玉駅は昨年のR東京600ぐるっと安曇野でDNFした思い出深い駅です。
高麗川行きまで1時間も間があるので、公衆トイレで汗を拭いて、自転車を輪行袋に詰め、ゆっくり支度が出来ました。

17時30分の電車に乗り帰宅。
その後、乗り継ぎでホームで待ちぼうけさせられたりしながら、結局自宅に着いたのは21時前。。
自走で帰ってもあまり変わらないほど時間がかかりました。

----------------------------------
走行記録
走行時間:6:29'39
走行距離:139.22km
平均時速:21.4km/h
----------------------------------


よろしければ、ぽちっとクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
-2 Comments
By yome04 16, 2014 - URL [ edit ]

きれいな写真がいっぱい。

この時期は桜を訪ねていろいろ移動できる自転車が
うらやましかったりします。。。

By panamoly5504 17, 2014 - URLedit ]

yomeさん

季節がちょうどよくて最高でした。
まずは近場から始めてみようか?

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
メニュー
プロフィール

panamoly55

▽名前
panamoly55

▽所有バイク
・Panasonic FRC15(2012年製)
・Alex Moulton APB

パナソニックのクロモリ号で、奥多摩の峠を走ったり、関東近辺のブルベに参加してます。
モールトンは、近所のちょい乗りで使用。

↓よろしければポチリと
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

メールフォーム
panamoly55へのメールはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。