スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンネル走行のコツ

09 17, 2008 | Tag,トンネル,奥多摩,自転車
自転車を乗っていて一番恐怖を感じる場所は「トンネル」じゃないでしょうか。
特に奥多摩のトンネルは登りのトンネルも多いため、スピードも出ず怖さも倍増です。
個人的に気をつけている点がありますので、参考にしてみてください。

1.危ないなと思ったら歩道を走る
 本来自転車は車道走行をするものですが、速度超過の車もいるため
 少しでも自信が無いときは歩道を走るか、押して歩きましょう。
 迂回路のあるトンネルはそこを通るのも手です

2.脚が疲れた時は、歩道を走る
 トレーニングのつもりでヒルクライムをする場合、
 フラフラになっても車道で頑張ってしまいがちです。
 ただ、狭いトンネル内を蛇行してしまったら確実に事故に会います。
 その時は無理をしないで、止まって休むか歩道を歩きましょう。
 負けを認める事も大事です。次回リベンジすればいいじゃないですか。

3.トンネルの端っこに行き過ぎない
 奥多摩のトンネルは山から雨水が染み出して基本的に湿っています。
 雨が降った翌日は、壁や天井から水が滴り落ちているトンネルも多いです。
 トンネルの端の苔や、土や埃が積み重なってる箇所は雨が降るとすぐにぬかるみます。
 うっかりタイヤを取られると転倒の恐れもあり、とても危険です。

 その時は多少車に迷惑をかけるつもりでも、ぬかるみは避けて走りましょう。
 特に雨が降った翌日の中山トンネルはヒドイです(笑)

4.フロントライト、テールライトは必ず点ける
 あまりに当然ですが、車から気づいてもらうためにも必ず点灯させましょう。
 フロントは小まめに点けたり消したりができるので問題ないですが、
 テールライトは常に点灯させておきましょう。
 たまにうっかり忘れてしまうこともあるので、ふもとで前もって点灯させておきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
Posted in おくたまにあ
-1 Trackbacks
ニュース検索09 17, 2008

 今年も暑さの厳しい夏だったが、9月半ばを過ぎて少しずつ気温も下がり寝苦しい夜ともオサラバできそう。そんな今の季節、夏のグータラ生活で緩んだカラダを引き締める意味も込めて、サイクリングを楽しむのはいかがだろう? 風を切る楽しさはオールシーズン共通だが、

Top
メニュー
プロフィール

panamoly55

▽名前
panamoly55

▽所有バイク
・Panasonic FRC15(2012年製)
・Alex Moulton APB

パナソニックのクロモリ号で、奥多摩の峠を走ったり、関東近辺のブルベに参加してます。
モールトンは、近所のちょい乗りで使用。

↓よろしければポチリと
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

メールフォーム
panamoly55へのメールはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。