スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタック万寿園!茨城までニラレバを食べに。

03 10, 2013


土曜日にガーデン氏と茨城県の桜川市まで走ってきました。
毎年3月ごろ万寿園のニラレバ炒めを食べに行くのが恒例の行事になってます。

名付けて、「アタック万寿園」
今年は第三回目の開催です。

今日の気温は20℃近くまで上がるそうで、冬用ジャケットの下は半袖ジャージ1枚だけです。

浮間舟渡~渡良瀬遊水池
7:00浮間舟渡集合。
集合場所まで26kmほど走って集合場所の公園前に到着。ほどなくガーデン氏も現れ出発。



まずは岩槻街道で荒川を渡り、その後4号線を使って栃木県古河市を目指します。

途中コンビニで休憩して、いざ出発しようとすると後輪がパンクしてる…
パナレーサーの耐パンクモデル25C履いてるのに、PRO3の23Cと比べてパンクの回数は変わらないような。
こんなことじゃ、わざわざ重いの我慢してる意味ないよなあ。もう少し様子見てダメなら交換もやむ無しかな。



利根川橋、渡ると古河市。遠くにうっすらと雪山見えたけど写真には写らず。


途中、渡良瀬遊水池に寄り道。
ここも一度来てみたかった場所です。
葛西臨海公園みたいな整備された公園のイメージでしたが、来てみると巨大な河川敷で想像とだいぶかけ離れてました。
時間は10:30頃。




渡良瀬遊水池を少し走って4号に戻り小山まで北上。
腹も空いたので途中コンビニで休憩。


暑かったので今年初の冷やし中華。

万寿園へ
小山市街に着き、神鳥谷交差点を右折して50号を西へ、結城市、筑西市を通り桜川市に入ると目指す万寿園はもうすぐ。
毎年、筑西市の区間は距離が長く風も強いけれど、今年は風が強くないので幾分楽かも。


13:30、万寿園に到着!
ここまでの走行距離は約140km



ニラレバ炒め600円

ここのニラレバ炒めが最高に旨い。
ニラとレバーとニンニクだけの純粋なニラレバです、野菜で増量とかしてません。
「もやしレバー」になってしまってる世の中のニラレバとはひと味も違います。
レバーも強めに火を通しているので、レバーが苦手な人にも食べやすい。


広東麺700円
一緒に頼んだ広東麺。
野菜が多くあっさり目なんで、レバニラの濃い味と合う。

ニラレバ食べる為だけに140km走るなんて、普通の人にはまずドン引きされます。
ただブログ見てくれてる人には、この気持ち分かってもらえると思います(笑)

場所はこちら
万寿園
茨城県桜川市岩瀬195-1


ニラレバ食べると…そうビールが飲みたくなります。140km走ってるんで尚更。
去年までは、疲労とビールの誘惑に負けて酒盛りして電車で輪行してました。

そう去年までは…
しかし今年は、アタック小田原城曽我梅林のブルベ2本完走してるので、この季節にしては珍しく脚が出来上がっています。
今年こそは万寿園往復を成し遂げます。
なのでビールは我慢。。

飯食いながら1時間ほど店で休んで14:30出発。
同じ道で帰ってもつまらないので、筑波山へ進路を向け、湯袋峠と不動峠を登って帰ることにします。筑波山ヒルクライムも初の試み。


岩瀬~湯袋峠
岩瀬駅前を通り、41号を筑波山方向へ
田交差点を左折して150号に入ると湯袋峠への登りが始まります。

峠への道は、昔ながらの狭い道で趣があります。
寂しげな峠道ですが、たまに大型車が走ってくるので要注意。
標高は低く斜度も距離も大した事無いので、さくっとピークへ。


湯袋峠にて、標高250m

峠を下って小幡の町で小休憩、ジュース飲んでると目の前に古風な藁葺きの民家を発見。
文化財の保存住宅かと思いましたが、よく見ると現役で人が住んでるぽいです。


あまりにいい雰囲気なのでパナモリ置いて一枚。

風返しの地獄坂
小幡集落を過ぎるとすぐに登りが始まる。
特に最初の登りが強烈で、10%を超える坂が現れます。
それを超えると、8%ぐらいに下がるけどひたすら高斜度を登らされます。
さっき登った湯袋峠みたいな道をイメージしていたが見事に裏切られました。
こんなにキツイとは、こりゃぁ地獄だ。
気温も高いし、汗が止まらない。



そんな地獄の最中オアシス発見!
「紫寶水」という湧き水ポイントがありました。
肝心の飲用可かどうかは書いてませんが、飲めませんとも書いてないようです。
まぁ汲み場っぽい感じになってるし、当たったらそれまでよって思い、手ですくってゴクゴク飲みました。美味かったです。
その後お腹痛くなることもなかったので飲用可だったようです(笑)

湧き水で体力回復、後少し登ればピークだと信じ意気揚々と出発。
しかし、湧き水を過ぎたあと信じられない光景が…


コンクリートの悪魔が現れました…
コンクリートは激坂の証…

悪魔にも何種類かあって、「◎」←こんな丸いパターンのとか、真横に線が入ったストライプとかありますが、ダイヤモンドパターンは初めて見ました。

とはいえ大分登ってるし、あと少しと思ったみたけれど、
あまりの斜度に早々に心折れました、見上げると大分先まで続いてます…
ダイヤモンド・デーモン恐るべし…


なにこの傾斜…


帰って調べたら風返峠の激坂は結構有名みたいです。クロモリ&手組ホイールのスペックじゃ到底無理…
誰かLOOKのバイクとLightweightのホイールを私に…
あと30Tのスプロケも(笑

筑波山の尾根道
押して登っても辛い激坂を登り切ると、筑波山の尾根道の交差点に出ます。
右に進むと筑波山山頂、左に向かうと不動峠。
今日は左折して不動峠を抜けてつくば市へ降ります。

尾根道からは関東平野を一望でき景色はかなり良いです。
ただあいにくの黄砂で靄がかかっていました。天気が良ければ新宿まで見えそうです。


黄砂と花粉とPM2.5

尾根道はアップダウンがあって、体力を地味に削られました。
同じような登り下りの道で、途中どこかに不動峠があったはずなんだけどまったく分からなかったです。

尾根からの下り道、カーブの手前の徐行注意箇所によくある段差ブロックですが、この道の段差は半端じゃない大きさです。
巨大なカマボコがいくつも横たわっているような物体が、しかもアスファルトを盛り上げてるので、色の区別がつきづらい。日が暮れたら絶対見えないだろうな...
気づかないまま突っ込んだらバイクごと飛びます、こういうの逆に危ないって…


つくば市~自宅
尾根道を下って時間は17時ごろ、夕暮れが漂いはじめ冷たい風も吹いてきました。
まだまだ距離があると思うと若干気が重いです。
後はもう帰るしかないので、だだっ広い関東平野を修行僧のようにひたすら漕ぎます(笑

帰りのルートは以下の通り。
つくば市の学園西大通りを南下し、榎戸交差点を右折し354号を西へ。
常総市を抜け、辺田東交差点を左折し20号、利根川を渡って野田市~松伏町~越谷市へ。

途中の学園西通りで日が暮れました。
街から街へ大きめの道路を選んだのでどこも明るかったですが、その代わり交通量は多い。この時間の道は嫌いです。

越谷の神明町二丁目交差点を少し過ぎたところで、最後のコンビニ休憩を取りました。
時間は21時、腹も大分減ったので焼きそば食べて長めの休憩です。

その後は浦和を過ぎて、22時には埼玉県庁前に到着。そこでガーデン氏とはブレイクアウト。
彼は17号を南へ、私は志木の方向へと別れ、自宅には23:30ごろに到着できました。

総括
今回、悲願だったアタック万寿園(往復)を達成できました。
ブルベ以外で一日にここまで走ったのは初めてかも。
ニラレバと激坂と関東平野の広さを十分に堪能した一日でした。
いやぁ疲れた…

走行距離:281.01km
走行時間:10:45'42
平均時速:25.6km/h
よろしければ、ぽちっとクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
-3 Comments
By garden10803 14, 2013 - URL [ edit ]

初往復、乙でした。
水曜までは疲労の余韻をひきずったわい。
一度試しに超軽量ロードでヒルクラってみたいのぉ~

By panamoly5503 14, 2013 - URL [ edit ]

乙でした!
とりあえず激坂用にスプロケ換装してみようかなあ。
ではまた来年のアタック万寿園にて(笑)

By 04 22, 2015 - [ edit ]

このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
メニュー
プロフィール

panamoly55

▽名前
panamoly55

▽所有バイク
・Panasonic FRC15(2012年製)
・Alex Moulton APB

パナソニックのクロモリ号で、奥多摩の峠を走ったり、関東近辺のブルベに参加してます。
モールトンは、近所のちょい乗りで使用。

↓よろしければポチリと
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

メールフォーム
panamoly55へのメールはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。