スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥多摩湖 水と緑のふれあい館

09 10, 2008 | Tag,小河内ダム,水と緑のふれあい館,中山トンネル,奥多摩湖,補給
水と緑のふれあい館1
建物外観
水と緑のふれあい館2
滑りやすいエントランス
水と緑のふれあい館3
吹き抜けの天井

奥多摩湖は正式には、小河内(おごうち)貯水池と言います。
元々自然にあった湖ではなく、ダムで人工的にせき止めて出来た人造湖です。

奥多摩湖へは、奥多摩駅から7つのトンネルを通らないといけません。
片側1車線で比較的交通量も多く、なにより登り坂なので、少し怖いかもしれませんが
ドライバーも自転車がよく通る道だと分かってるので、
落ち着いてまっすぐ進んでゆけば大丈夫だと思います。

トンネルは、貯まった雨水が天井から漏れていてかなりウェットです。
トンネルの端っこはドロが積み重なっていて、雨に濡れるとタイヤを取られとても危険です。
ですので、トンネル内はあまり端を走りすぎないように、ある程度車道寄りを通った方が逆に安全です。

最後の「中山トンネル」を抜けたら、もうダムは見えていると思います。もう少しです。
少し進むと道が分かれますので左に曲がりると、
「小河内ダム」と「水と緑のふれあい館」に到着です。

ここがゴールの人も、さらに先に進む人も、一旦休憩しておきましょう。

「水と緑のふれあい館」の駐車場には、たまにたこ焼き屋がでてます。
もし店が出ていたらラッキーですので、買っておきましょう。
8個入りで400円

後、展望レストランで食べられる「カツカレー」がオススメです。

奥多摩湖と小河内ダム

さらに上に集落と建物が

来てればラッキーなたこやき屋

この先進むか、戻るか。。

「水と緑のふれあい館」に関連する記事
・水と緑のふれあい館のカツカレー

大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト
Posted in おくたまにあ
-0 Trackbacks
Top
メニュー
プロフィール

panamoly55

▽名前
panamoly55

▽所有バイク
・Panasonic FRC15(2012年製)
・Alex Moulton APB

パナソニックのクロモリ号で、奥多摩の峠を走ったり、関東近辺のブルベに参加してます。
モールトンは、近所のちょい乗りで使用。

↓よろしければポチリと
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

メールフォーム
panamoly55へのメールはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。