スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年帰省旅行 東京~岡山 その4

09 04, 2013

帰省旅行も4日目となりました。
最終日は舞鶴から兵庫県を抜け、岡山まで一気に走ります。
長かった旅もついにゴール間近です。

◆出発
5時間ほど仮眠して2時30分に起床。
車のエンジン音や人が傍を歩く気配で熟睡はできなかったですが、少しは回復できたと思います。

が、さすがに体力が残り少なく…
鼻の下あたりに口唇ヘルペスもできてしまってます…
疲れが溜まると出てくる体質で、昨日から予兆(鼻の下がピリピリする)があったので、薬を塗ってました。
しかし、疲労が勝ったのか薬の効果を突き抜けてヘルペス発生の事態です。
ブルベでもここまで疲労した事は無かった。。

新しいジャージに着替えて、隣のローソンで朝食食べて準備して3時10分に出発。
実家にブルベ気分で真夜中到着するわけにもいかず、日暮れまでには到着したいと思います。
夜明け前が暑くないし車も少ないので一番捗るゴールデンタイム。
昨日の遅れを挽回しなくては。

西舞鶴から丹後街道を西へ少し進み、由良川を渡り左折すると宮津街道になります。
ちなみにここを右折すると天橋立へ行けます。

宮津街道を南西へ進み、大江山の麓を過ぎると福知山。
しかし福知山市街までは行かず、手前の「牧交差点」を右折して国道9号の山陰道に入ります。
山陰道を走ると鳥取まで続いていますが、途中の朝来までとりあえず向かいます。


5時、牧川で夜明けを迎えました。


牧川沿いの田舎道

牧川沿いに山陰本線と並走するかたちで山陰道は続いています。
上夜久野までジワジワ上り、それを超えると朝来市街まで下りという感じで、幸いにして峠と言うほどもない道です。


◆天空の城 竹田城
朝来に着いたのは、6時20分。
「一本柳交差点」を左折し、国道312号に入ります。
少し走ると、今日の目的スポット竹田城が見えてきます。

竹田城は最近大人気の城跡で、雲海に浮かぶ姿から「天空の城」と呼ばれ有名なお城です。
人が登りすぎて石垣が崩れているというニュースもあるくらいの人気。
ただし雲海に包まれる姿を見れるのは冬の早朝、真夏にあの光景は残念ながら見れません。


遠くに竹田城が見えてきた。


城下町の桝型


城下町案内。


山の上に城跡がぽつんと乗ってます。
元気だったら登りたかったですが、そんな気力はゼロ。

竹田城に別れを告げ、さらに南下すると「道の駅あさご」があります。
本当は昨日のうちにここまで来る予定、しかも天橋立も回ったうえででした…
敦賀の充電峠に足止めされたとはいえ、3日目でここまで走るのは体力的に無謀だったかも。

日も昇り朝からすでに暑いです。


◆国道429号線へ
「朝来インター東交差点」を右折してからは国道429号に進みます。

国道429号、つづら折りの峠道や道幅の狭さなど国道とは思えない難所で「酷道429号線」として一部マニアには有名な道です。

とはいえ、それを知ったのは後日の話…
GoogleMap上で最短距離の国道だったので選んだ道ですが、相当苦しめられました。
事前に酷道と知っていたら避けてたかもです。

さて、「朝来インター東交差点」を右折して、峠へのアプローチを登りつつ暫く走っていると目の前に突然コンクリートの廃墟が現れます。


神子畑(みこばた)選鉱場跡。

何の事前知識もなく目の前に現れたのでかなり恐怖でした。
もし夜中走ってたら間違いなく引き返したと思いますw

こちらも後日調べてみると、近くの明延鉱山で採掘された錫(すず)を選る施設だったそうです。
2004年までは建物が残っていたそうですが(wikipediaに写真有)、今は撤去されてコンクリートの基礎しか残っていません。
基礎だけでもかなりの迫力ですが。

周りに人はおらず、ちょっと不気味なので写真を撮ってすぐに退散。

選鉱場を過ぎると勾配はきつくなり、つづら折りの平均斜度7%をやっと登りきると「笠杉トンネル」が現れ峠のピークとなります。
すでに猛暑、汗だく。



9時13分。笠杉トンネル到着。
ここから宍粟(しそう)市に入り、10kmほど下ります。


一宮町の集落。もう山の中です。


◆高野峠
一宮町は揖保川沿いの谷間の集落でした。
素麺の揖保の糸はこの揖保川の事らしい。

集落を過ぎると今度は高野峠への登りが始まります。
が、最初から勾配が凄すぎ。
これ国道の勾配なんかじゃない林道クラスだよ…
少し登ったところで、本当に戻ろうかと思いました。
しかし戻ったところで電車も走ってない山の中…これは進むしかないと。

詳しい斜度は分かりませんが、28Tで歯が立たない坂だったので推して知るべし…
早々に自転車を降りて、8割方押して登りました。


峠は鬱蒼とした森の中を約6.5kmほど続き、場所によっては20%を軽く超えてるはず。


なんと途中で湧水発見!


10時54分、高野峠に到着。お地蔵様と社がいい雰囲気です。
舞鶴を出発して峠のピークでほぼ100kmでした。


峠を超えたら一気に下りたいですが、下りの斜度も酷い。
ブレーキ握りっぱなしでゆっくりと、途中リム触ったらめちゃくちゃ熱かったです。


◆絶品の自然薯笹うどん
峠を下りきると波賀の町に着きました。
時間もお昼前、どこかでご飯を食べたいなと思ってるとちょうど「道の駅みなみ波賀」があったので休憩。11時30分。

ウッドハウスぽい雰囲気のレストランに入り、メニューを開くと
「自然薯笹うどん」とあり、珍しそうだったのでそれに決定。980円。


運ばれてきた笹うどん。
麺に笹が練りこまれているそうで緑色。

緑色の麺をすすると、ほのかに笹の香りがします。
粘りの強い自然薯をぶっかけて麺と一緒にすすり込みます。
出汁は当然関西風、色は薄いけど味はしっかり。
疲れた体に塩分が染み込んでいくようで、一気に完食しました。
また食べたくなるほど美味しかったです。


笹うどん食べて外をブラブラしていたら、リンゴソフトクリームに目が留まり食後のデザートに。
ひとつ200円。
川を眺めながらソフトクリーム食べてまったり。川からの風が涼しいです。


◆下り坂の向かい風
ゆっくり昼休憩を取って、12時ちょうどに出発。
千種へ向かうためにまた峠を超えなきゃいけません…

今度の登りは一転、舗装も綺麗な道です。
この道は多分、新道だと思います。
つづら折りが無くまっすぐに登りが続いてるし。
こういう道は日除けが無く、違った意味でキツイ。
木漏れ日の中のつづら折りの方がいいなぁ…


12時47分、トンネルに到着。5km進むのに一時間近くもかかってます。
ここは鳥ヶ乢(とりがたわ)トンネルと読むそうです。
神子畑とか宍粟市とか、兵庫県の地名はほんとに難読w
ふり仮名振らないと絶対読めないですね。

峠三連発でもうボロボロです…
高野峠は激坂だったし。
けどここを過ぎれば岡山県まであと少し、美作に入れば下り基調になるはず…


千種の町まで下り、小学校を過ぎた先の「室橋東詰交差点」を左折して、県道72号に入ります。
これで酷道429号ともお別れ。
ここから千種川に沿って、佐用町までずっと下りが続きます。

さぁ脚を休めるぞーと下り始めますが、谷に沿って熱風が正面から吹いてきます。
この向かい風が強烈で踏まないとほとんど進まない…
14時10分、あまりの暑さに耐えかねデイリーヤマザキに緊急退避。
運よくイートインコーナーがあったので、冷房の効いた店内でしばしボーゼン。

ヤマザキでは20分近く休んで出発。
さらに下って「播磨徳久駅」に到着。

今まで駅が無い山の中を走ってきたので、なにかあっても電車に乗れるという安心感にホッとしました。
駅は偉大です、コンビニもきちんとあるし。

とはいえいまさら電車に乗れるわけもなく、
駅前の信号を右折して出雲街道に入ります。

佐用坂という距離は短いけどキツメの坂を超えると県境の佐用駅前に到着します。
もう登りは嫌だー。


◆ついに岡山県へ
佐用から岡山県美作市(宮本武蔵の出身地で有名)に入るんですが、ルートが2つあります。
このまま出雲街道を走るルートと、途中で右折して旧道を行くルート。
地図を見ると、旧道は直線距離だと短いですが県境にある杉坂峠を超えないといけません。
峠はもうこりごりなので出雲街道に行こうとしましたが、峠とは書いてませんがクネクネしたつづら折りがあり、どのみち登りはありそうです…
出雲街道は交通量も多いので、車が少ないだろう旧道を行くことにしました。

杉坂峠までは登りらしい場所もなく緩やか、峠に近づくに連れ徐々に登りが入り、中国自動車道とトンネルの上で交差するかたちで峠のピークを迎えます。

厳しい登りはなく車も少ないし、この道を選んでたぶん正解でした。


15時45分、杉坂峠へ到着。


ついに!ついに岡山県に入りました!
溶けたかち割り氷の水でひとり乾杯(笑)

峠を下り、再度出雲街道に合流して、突き当りの「入田交差点」を左折し375号を南下します。
後は岡山市街まで吉井川を下っていけるはず。

湯郷温泉を過ぎ、順調に進みます。
幸いに向かい風は吹かず、この調子ならギリギリ夕方には着けそうかも。

和気郡の手前で岡山市への標識があったので、右折して484号線へ。

この道が進むにつれどんどん山深くなっていきます。
なーんか嫌な予感が。
と思ったら登りが始まって…
もう峠は無いと思ってたのに、精神的に堪える。


18時ちょうどに菊ケ峠に到着。
これが正真正銘最後の峠です。

思わぬ伏兵にやられ日暮れまでには到着できませんでしたが、もう岡山まで目と鼻の先です。
もうひと頑張りです。

◆実家到着
夕焼けのなか27号線を走り、赤磐市のあたりで日が暮れました。
旭川を渡り土手に沿ってを走るとついに岡山市街。


車輪よ見えるか、あれが大都会岡山の灯りだ(笑)


20時15分。実家に到着!


感傷にふけるとかの余裕もなく、なにより風呂に入ってサッパリしたい!それから飯!

風呂に入りたいのに甥っ子と姪っ子がまとわりついてくるので、グローブの臭いをかがせると一発で退散しました(笑)

風呂から上がってご飯食べて寛いでいたら
疲れが一気に噴き出し倒れるように眠ってました。


----------------------------------
走行記録
走行時間:11:12'56
走行距離:225.34km
平均時速:20.1km/h
獲得標高:2256m
----------------------------------

長かった帰省旅行もこれで終わりです。
読んでいただきありがとうございます。

当分ロングはもういいかな(笑)



よろしければ、ぽちっとクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
-6 Comments
By 陸上自衛1等陸曹09 04, 2013 - URL [ edit ]

お疲れ様です!!
面白かったです。
私もまたロングライドに行きたくなってきました!

By yome09 04, 2013 - URL [ edit ]

お疲れさまでした。
4日目はもう、壮絶だねw
でもいい写真もいっぱいあるし
いい旅だったんじゃない?

とある夏のよき思い出として
当分ロングは自粛してくださいww

By panamoly5509 05, 2013 - URLedit ]

陸上自衛1等陸曹さん
読んでもらいありがとうございます。
ロングライドいいですよー
これから涼しくなってきますしオススメです。

By panamoly5509 05, 2013 - URLedit ]

yomeさん
いい旅だったよ。サンクス。

涼しくなったらどこ行こうか?(笑)

By sato09 07, 2013 - URLedit ]

お疲れ様です。
長い旅でしたね~
西日本は標高の高い峠はないですが、斜度が立っていて侮れないですね。
天橋立とか、宿題に残ってしまいましたね。

By panamoly5509 08, 2013 - URLedit ]

兵庫の鄙びた山里は、今思い返すと良かったです。
紅葉の季節に行くと最高でしょうね。

天橋立残してしまいましたが、いつかまた行きたいです。
激坂の高野峠もまた行きたいですね(笑)

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
メニュー
プロフィール

panamoly55

▽名前
panamoly55

▽所有バイク
・Panasonic FRC15(2012年製)
・Alex Moulton APB

パナソニックのクロモリ号で、奥多摩の峠を走ったり、関東近辺のブルベに参加してます。
モールトンは、近所のちょい乗りで使用。

↓よろしければポチリと
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

メールフォーム
panamoly55へのメールはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。